FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらっしゃいませ※2月8日追記

最新記事はつぎの記事からとなっております。

いらっしゃいませ
はじめまして。

こちらは私、灯里と暁さんとの関係がメインのブログとなっております。
カテゴリ通りこちらは一応、SMブログ?となっておりますので

・18歳未満の方
・自分で自分の行動に責任の取れない方

は閲覧をご遠慮いただければとおもいます。

また、私と暁さんはいわゆる不倫関係でありますので
婚外関係に否定的かつ攻撃的なコメントにつきましては
残念ではありますが削除いたします。
また、不愉快な方がいらっしゃることは理解しております。
そのような方は閲覧をご遠慮頂ければと思います。

また、管理上私自身が削除すると判断したコメントにつきましては
お断りなく削除をいたします。

なお、コメントにつきましてはお返事が遅れる可能性が多いにあります。
必ず時間がある時に、必ずしますので[仕方ないわねー]と緩やかにお待ちくださりますとありがたいです。

基本的に仲良くして下さる方はウェルカム!ですので
お気軽にコメント頂けると嬉しいです!

ランキングに参加しました
よろしければクリックしてください。



Twitterをはじめました。

@akari_akatuki

宜しければフォローしてください。
スポンサーサイト
[PR]

いつまでも

すきだけど

いつまでも

一緒にはいられないんだ

というわけです。

袂を分かったとかそんな感じでもありません。

でも、多分

心だけは通っても

身体が交差することはもう

私と暁さんには無くなりました。

外せないままの左耳のピアスも

取り去ることのできないキーホルダーも

多分そのままだと思います。

あの日の痣も感覚も

物理的に残る物体みたいに

残ればよかったのに、ねと思います。




でも、多分もう

暁さん以外にわたしが膝を折ることは無い。

暁さんは、以前と同じくお前以外を飼う気はないよと笑ってらっしゃいました。

喧嘩別れじゃない

卒業でも、多分ない。

でも、これはこれで一つのお別れなのです。

赦される、なら

私が半身を切り離す思いで決めたこの想いをどうか受け止めてほしいと思うし

どうかどうか幸せでいてほしい。

笑うあなたが私は何より好きです。



そして、どうかどうか
お元気でわたしのたった一人のご主人様。

深いところ

深い所まで
きてしまったなという印象が、ある。

私と暁さんの関係だ。

私は当初、この関係はそう長続きしないのでは?と思ってたのだ。
だって、愛されると思ってなかったから。
いわゆる欲と欲の満たし合いだけでお互いそこから先に進もうとしたら、何方かがスルリと逃げる関係になる気がしていたのだ。

でも、違っていた。
私はどこかでずーっと諦めてた。
変態性まで持つ、歪んだ私を愛してくれる男
という存在を。
諦めの上に、成り立つ生き方をしているから
無理をして身体を壊すことも厭わなかったし
心を許すこともしなかった。
ずーっとずーっと、抜き身の刃のように自分を尖らせて己を守ってきた。
自分を守りながら
いつか壊れることを含め受け入れ諦めてた。
相手の顔色を伺いその顔色次第で私のすることを決める。
相手がしたいことだけをする性行為を受け入れる。
私の欲を蔑ろにし心を蔑ろにしながら
私の壊れる日を待っていた。

まさか、暁さんに包まれることで
抜き身の刃を始めて鞘に収めることができるとは思わなかった。
暁さんは私の変態性を受け入れるだけじゃなくて
諦めの中で傷つき続けてきた私の心をも欲してくれた。
醜悪な心をも慈しみ抱きとめる男が存在することにまず私は怯えた。
そんなこと言ったって、と信じなかった。
それなのに、ぶれず違えず求め続けてくれた暁さんに白旗を上げて
恐々と、だけども明け渡していった。
関係を紡ぎ最初の春に白旗を上げて
2度目、3度目と季節を変えていく中でとうとう私は明け渡してないところがなくなってしまうようだ。
きっと先日の恐慌状態が最後の砦だったのかもしれない。

もう、怖いことなどないのだ。
機嫌を伺い続けずとも、暁さんはそこにいてくれて
心の波こそお互い人間だからあるのだけれども
その波すら愛してくれて
顔色を伺い遠慮をする事などしなくても
私のそのままをきちんと抱いてくれる。
私は、壊れてしまうことを諦めて受け入れなくていい。
壊さないように慈しむことを求めてくれるひとに初めて出会えた。

だから、安堵して私は初めて愛することをできるようになった。
愛おしさまで顔色を見ながらしか、渡してこなかった私が
好きです、を顔色を伺うことなく届けることができるようになった。

そんな人が私のご主人さまだ。
深い深い所まで私を愛してくれる男だからこそ
膝を折り、頭を垂れて従えるのだ。




ランキングに参加しました。
よろしかったらクリックしてください。


財産

ちょーっとひと騒動起きている。
解決したら細かくは綴ることができるけど
まだ解決してないので、私の心がバタこらスタコラしてる、のだけは書ける。

ま、でも
とりあえず素晴らしく生活が変わることだけが確定している。
居も
生活スタイルも
全て変えることになる。

わー厄年こわぁいw
ってなったよね

で、我がご主人様はどのような反応をされたかといえば

俺の状況は変えてやれんが、飼い続ける事だけは変わらんぞ

ぶれない男だなぁと感心。
うん、これでいい。
私の心底惚れた男は私の状況が変わってもそれで右往左往しないでくれたらそれでいい。

そして、今回本当に心から心から感じたことがある。
女の財産は友人だ
ということだ。
私には本当にごくごく少数ではあるが
きちんと私を理解し
誤った認識を持たず
私をスーパーウーマン扱いしない
過てば指摘をし
傷付けば手当てをしてくれる
そんな友人が居る。
故郷を離れ慣れない環境で足掻き続けた甲斐あってか
今の生活圏で行き来できる距離にもそんな友人を作ることができた。

この状況変化を私以上に憤り、悲しみ、けれど可能な範囲力になると心強い言葉をくれるひとと
縁をつなぐ事が出来たのだ。
比較的人見知りをする私は、あまり親しい友人を作れないのだけれども
それでも、故郷を離れた私は慣れた仲間以外の人と交流をする事を努力した。
その中からそんな友人が作れたのだ。

相談下手な私に、そういった相手に必ず相談するようにと言い聞かせてくださった暁さんには感謝しかないし
そうやって恐る恐る相談をした私を快く受け入れてくれた友人にも感謝をしている。

沢山沢山状況が変わるので
きっと落ち着くのは浴衣の時期を終えてからかもしれない。
その前に落ち着くことを願いたいのだけど。

でも、お金は無いかもだけど財産はある。
だから、私は大丈夫だ。


ランキングに参加しました。
よろしかったらクリックしてください。


聴こえるように聞こえないように

未発売曲な上に古い曲なのだけれども
黒夢 EITHER SIDE
この曲は好きな曲の一つだ。

聞こえるように 聞こえないように
歌ってあげる 君だけに


暁さんの、言葉はこの歌詞に似ている。
主、というものはあまりストレートに心を言葉にしてくれないことが多い。
聞こえる言葉を額面通りとっても私への心遣いが届く言葉と
聞こえる言葉の中の言外の意味を受け取るからこそ届く言葉と
二つの言葉を時々に合わせて使う。

聞こえる言葉のように、想いを乗せてくださるときは概ね私が弱っていて
聞こえない言葉の中に、想いを潜ませてくださるときは概ね私は健康な心を持っているかもしれない。
そんな気遣いをしながら言葉を操る暁さんはとんでもなく優しいと思う。
言葉のひとつでできるケア、を怠らない飼い主。
そんな飼い主だからこそ安堵しているところはある。

叶えてあげる 閉ざしてあげる
乱してあげる 緩やかに


この歌詞のように
私の心からの「支配されたい」という思いを叶えて閉ざして体も心も乱してくれる。
時に狂うような快感で
時にひりつくような焦燥感で
時に焼け付くような痛みで
そうして緩やかに蟻地獄のようなモノに捕まって
暁さんだけの「奴隷」として育つ

EITHER SIDE、どちらの側でもとも訳せる言葉。
ご主人さまの側でも
男としての側でも
こうやって狂おしく私を捉え続けてる。
そんな人の奴隷で居られるのは
ハラハラドキドキもするけれど
手のひらで踊らせてくれる安心感も、あるのだ。





ランキングに参加しました。
よろしかったらクリックしてください。

プロフィール

灯里

Author:灯里
M奴隷二年目
愛奴と呼んでいただけるようになった灯里と飼い主である暁さんとの関係
ここは灯里から暁さんへの報告書であり二人の間の色々を残す場所です。
やっと卵から孵ったくらいの私がどんな姿になるのか
暁さんの「願望」と私の「願い」が重なるときにどんな化学反応が起こるのか。
日々と逢瀬と想いを綴っていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
I walk to your cause
ランキングに参加しております。 よろしければクリックしてくださると 暁さんが喜びます。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。